はてなの大三国志ブログ

いつ終わってもおかしくない大三国志に関するブログ

夏侯惇編成について

夏侯惇編成の基本形

  • 関羽(謀定+一騎)曹操(白刃+大賞)夏候惇(一夫+壇兵)
  • 夏侯淵一騎当千+折戟or万箭or雄兵)曹操(白刃+大賞)夏候惇(一夫+壇兵)
  • 馬雲禄(掠敵之利+S6疾撃)曹操(白刃+大賞or長兵)夏候惇(一夫+壇兵)
  • 孫策(愈戦+掠敵之利or桃園)曹操(白刃+大賞)夏候惇(一夫+壇兵)

曹操夏侯惇は上記が基本形となり、火力役の本営を物理騎馬武将を選択するだけだ。

代用戦法案

  • 白刃 → 兵貴神速(物理編成を狙う構成。白刃のほうが相手を選ばない)
  • 大賞 → 長兵方陣(大賞は月英霊帝朱儁、物理騎馬を優先してもOK)
  • 壇兵 → 兵無常勢

この編成の強みは相手の指揮戦法の影響を比較的に受けにくい点。また、本営のみを変えればいいので、余ってる主力がいれば採用するだけでいい。上記以外にも本営物理騎馬であれば十分活躍する。漢呂布でも十分強いと思われる。

馬雲禄は今後採用される「並進」が最も似合う武将となるので、典籍戦法が追加されたら変更するといい。以下戦歴。 スカッとした勝ちが少ないのが残念...

馬雲録(掠敵之利+破甲)曹操(白刃+長兵)夏侯惇(一夫+兵無)

f:id:xxxcodomoxxx:20190402221442j:image
f:id:xxxcodomoxxx:20190402221434j:image
f:id:xxxcodomoxxx:20190402221452j:image
f:id:xxxcodomoxxx:20190402221449j:image
f:id:xxxcodomoxxx:20190402221445j:image
f:id:xxxcodomoxxx:20190402221438j:image
f:id:xxxcodomoxxx:20190402221459j:image